トレーナープロフィール

 

吉永 優子(Yuko Yoshinaga,CPDT-KA)

 

CCPDT(Certification Council for Professional Dog Trainers)認定
PDTA(プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー)認定

 

愛犬の目がきらきらして「次はなに?」と期待でいっぱい、だから飼い主さんも楽しく続けられる、そんな家庭犬のトレーニングを目指しています。

 

楽しくトレーニングを続ける過程で、愛犬の感情や精神的なバランスにも考慮しつつ、愛犬と飼い主さんとの信頼関係を構築することが大切と考えています。

 

物心ついたころから、犬と一緒に育ちました。「犬と一緒の生活」の原体験は、TVで夢中になったホームドラマ「名犬ラッシー」。子供のころの夢は、獣医さんか野生動物の研究者になること。尊敬する人物は「シートン動物記」で有名なアーネスト・シートンでした。

 

2013年2月、トレーナーアカデミーの研修で訪れたデンマーク オールボゥにて、行動心理に即してコンサルティング、トレーニングを行う「北ジーランド動物行動クリニック」を営む動物行動学のスペシャリスト、ヴィベケ・S・リーセ(Vibeke S. Reese)先生のセミナーを受講したことをきっかけに動物行動学の虜になりました。

 

2015年よりヴィベケ先生が日本人トレーナー向けに開講しているプログラム「RTPM(Reese Preventive Training Method)ジャパンコース(ヴィベケ公認トレーナー養成コース)」に参加し、ヴィベケ流トレーニング手法の習得を目指しています。

 

現在、「福島原発被災犬猫救出プロジェクト」のボランティア活動を行う中で、福島原発20キロ圏内から救出された保護犬、近隣の愛護センターや現場からレスキューされた犬たちの社会化トレーニングも行っています。

 

2016年10月、アメリカのプロフェッショナル・ドッグトレーナーの認定資格 CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer – Knowledge Assessed) を取得しました。

 

グローバルに活躍する欧米のドッグトレーナーのセミナーや国内の勉強会で、動物行動学、応用行動分析学を学びながら、陽性強化をベースとしたトレーニングスキル向上のためのアンテナを広げています。